勃起不全を宣告されたら、治療薬の多量投与は危険

勃起不全を宣告されるという事は、男性としてはかなりショッキングな事です。自分には生殖機能がないという事になり、子孫を残すのにも支障を来たします。人によってはそれが原因で離婚を切り出されたり、不妊治療を受けるなど、人生のコースが大きく変更されてしまいます。
しかし、今では勃起不全を改善するめの治療法がいろいろ登場されています。治療薬、超音波、外科手術、注射、心理療法、など多様です。
中でも医療機関で多く使われているのは、薬を使った治療法です。主なものにバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの薬があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。一番使いやすいのはシアリスです。理由は、効果の持続時間が1日半(36時間)と長いこと、食事の影響を受けないこと、効果がマイルドで副作用が少ないこと、です。
バイアグラとレビトラは、シアリスよりも症状が重めの人に対して使われるケースが多いです。
どの治療薬にも言えることですが、多量に使うのは絶対にやめましょう。どんなに副作用の少ない薬であっても、用量を守らずに使ってしまえば、確実に体に影響が出ます。
薬を多く使えば確かに効果は大きく出るかもしれませんが、それと一緒に副作用も大きく出ます。また、併用禁忌(一緒に使うのはタブー)の薬と飲んでしまうと、最悪の場合には心肺停止に陥る危険性もあります。
過去には硝酸剤(狭心症などに使われる薬・ニトロなど)とED治療薬を併用してしまったことから、心肺停止に陥った事例もあります。もし今他の病気の治療で飲んでいる薬があるのならば、必ず主治医に相談してから使うようにしましょう。
また、個人輸入で薬を入手して使う場合には、かかりつけ医に相談してから使うのが望ましいです。