器質性EDとは?

精神的な原因ではない勃起不全は、体の状態変化や加齢が原因となり、男性の必要な機能が低下します。
勃起不全がストレスを発生させたり、自信を失わせる原因になるので、副次的に精神面が勃起不全に悪影響を与えます。
悪循環を断ち切る事が、勃起不全を解消する方法で、医療の力を借りて治す姿勢が大切です。
元の原因を特定しなければ、解決方法を見つける事は難しく、悩むだけでは前に進めなくなります。
加齢は基本的な勃起不全の原因で、誰にでも起こり得る自然な老化現象です。
体の機能が弱まり、血流や神経系の機能が低下しますし、それに影響されて勃起不全は発生します。
高齢でも勃起不全を改善する余地はあるので、諦めずに診察を受ける事が必要です。
生活習慣も体を衰えさせる要因ですし、日常生活の行い方が、症状を悪化させる影響を与えます。
若い頃から不摂生を繰り返すと、それが長年の習慣として身に付き、改善を行うチャンスが失われます。
健康的な生活状態に比べ、老化が通常よりも早まり、体の様々な場所に不具合が起こります。
勃起不全はその症状の一つで、多くに共通するのは、血流の悪化が主な原因です。
病気の治療に必要な薬も、服用によって副作用が発生します。
薬の種類を変える事や、飲み合わせを見直して改善できるので、勝手に服用を止めず、医者に相談する事が大切です。
過去に病気を患い、外科的な治療を行った場合も、機能を低下させたり、状態を引き起こします。
治療や改善に効果がある薬が登場し、生活の質を高める補助が行われ、世界的な規模で実績が認められています。
正しく飲めば効果を発揮しますから、症状の原因を特定して対処し、同時に改善薬を使用する事で、同時に問題の解決を図れます。

勃起可能でも勃起不全の可能性がある

勃起が可能で自覚症状が無くても勃起不全になっている可能性があります。
勃起不全には軽度の症状から重度の症状が有り、勃起状態にならないという事だけが勃起不全ではありません。
勃起障害は早期発見をして早期治療することが重要です。
気づかずに放置してしまうと、性行為中に中折れや勃起しない事が発生し、性行為に対して精神的なプレッシャーがかかってしまいます。
精神的なプレッシャーがかかると心因的な要素で勃起障害となる可能性があり、病状が悪化してしまいます。
軽度の勃起不全の可能性がある症状としては、性的な興奮や刺激を受けても勃起状態になるまでに時間がかかってしまったり、勃起状態となっても持続力に欠け途中で通常の状態に戻ってしまう事があります。
マスターベーションでは射精まで勃起状態を維持できるのに、パートナーとの性行為では射精前に中折れしてしまう場合も勃起不全の症状と一致します。
勃起するからといって勃起障害が無いという訳ではなく、性行為終了まで満足に行えない場合は勃起障害の可能性があります。
勃起状態が維持できないメカニズムは、陰茎にある海綿体へ血流を送るための血管がサイクリックGMPにより拡張されることにより勃起しますが、ホスホジエステラーゼという酵素によってサイクリックGMPが破壊されてしまうため、勃起状態を維持できなくなってしまいます。
勃起不全治療薬は、ホスホジエステラーゼの働きを阻害することで勃起状態を促進し維持できる状態を作ります。
勃起不全の症状がある方の場合、ホスホジエステラーゼの活動がサイクリックGMPよりも活発になってしまうために発生します。
加齢や環境ストレスも勃起不全の原因になっています。