器質性EDを発症しやすい年齢

男性にとってはインポテンツはとてもデリケートな深刻な問題です。
最近では勃起不全のことをEDというよび名でよばれるほうが多いかと思われます。
バイアグラが開発されEDという言葉がけっこう世の中に広まりました。
勃起不全はだれでも年齢をかさねると、なりやすくなります。
50歳代60歳代でこのような症状を自覚している人の割合は約半数です。
また、20歳代でも勃起不全になる人がいます。
若くしてなる人はストレスなどの影響からくる場合が多いです。
EDには心因性と器質性にわかれます。
心因性とは、ストレスや悩み事あるいはうつ病などに罹患していた場合にこれらが影響を与えてしまいます。
若い人に多いのが特徴です。
一方器質性とは、血液の流れが悪かったり、脳から陰茎に伝わる神経に障害があったりした場合にEDとなってしまいます。
また、生活習慣のみだれから糖尿病や動脈硬化などに罹患していた場合、これらが影響を与えてしまいます。
心因性とは逆に器質性の場合、発症年齢は50歳から上の年齢の中高年に多いのが特徴です。
中高年になると運動不足であったり、お酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎなど生活がみだれがちです。
このようなことはすべてEDの原因となってしまいます。
EDを改善したいなら、まず生活習慣の方も改善しなければなりません。
あと、最近では医学の発達とともに良いED治療薬が、たくさんありますので病院に行き医師に処方してもらって治療薬を使うのも良いかと思われます。
実際に治療薬を使ってみて、とても効果があったという話はよく耳にします。
人それぞれ体質も違いますし副作用のでかたも違いますので、自分にあった治療薬を見つけるのが良いかと思われます。